再就職でブランクがあると不利になるといわれていますが、これは事実なのでしょうか? 結論からいうと、これは事実です。 ただ、何か特別な理由や面接時に自信を持って言えるほどの理由があれば、問題ありません。 しかし、そうではない場合は、どうしてもマイナス要素に繋がります。 ブランクがあると不利になる理由は、大きく3つあります。 ・能力が低いと思われる ・コミュニケーション能力がないと思われる ・マナーがないと思われる ブランクは長いと「この人は今までどこにも就職できなかった人」という目で見られてしまい、能力が低いと思われるでしょう。 実際は違う理由でブランクがあったとしても、少なからずこのような印象を与えてしまいます。 また、仕事をしばらくしていないとコミュニケーション能力がないと思われることもあります 「仕事をしていない=人と関わっていない」というイメージを与えてしまうので、コミュニケーション能力がないと判断されてしまうのです。 それに、ブランクがあると社会人としてのマナーや礼儀などに問題がある人だと思われます。 このように、ブランクがあると不利になってしまいますが、だからといって、絶対に再就職できないわけではないので安心してください。